Troubadour twitterTroubadour facebook

Troubadour Restaurant & Bar


News


  • 2015.10.19 Monday

WILDERNESS!×SMILE! Keita Suzuki/鈴木 啓太 & Tsuyoshi Yoshikawa/吉川 強

ステーキ、ケージャン・クレオール料理のTroubadour 2階で、10月27日(火)より鈴木 啓太と吉川 強によるアート・ショー「WILDERNESS!×SMILE!」を開催致します。

WILDERNESS!×SMILE!
Keita Suzuki/鈴木 啓太 & Tsuyoshi Yoshikawa/吉川 強

2015.10.27(TUE)〜12.20(SUN)


Keita Suzuki/鈴木 啓太
8年間、製作発表から遠ざかっていた。本能的意識的に。
作品を作る時間に代えて、まるで魂のリハビリテーションをするように、そしてまるで体を動かす事を覚えた子供のように、走って蹴って滑って、オトナの、貴重な時間を使っていた。WILDERNESS+SMILE
ある日スケボーのシューズボックスにデザインされている木目柄が気になりドローイングを開始。始まりの始まりである。



Tsuyoshi Yoshikawa/吉川 強
ノー・ウェーブという言葉があった。
ニュー・ウェーブへのアンチテーゼとして生まれ、
どっかのジャーナリストが勝手に作った言葉らしいが、時の流れを遮断するような響きに奇妙な魅力を覚える。
波が来る前の静けさを思わせるからだ。
それは目の前にある現実がより浮き彫りされる瞬間で私たちは普段、大抵はそこにいる。
コンセプチュアルなものは波の上に乗って流れていくだけ。
Wilderness+Smile
ノー・コンセプトとはより身近な世界を感じてもらうためのコンセプトだと感じた。
コンセプチュアルな世界へのアンチテーゼ
そこで笑うのだ。

From Troubadour.
鈴木 啓太は東京藝術大学卒業後、コンセプチュアルなアート・インスタレーション作品を発表し続けた人生において疑問を持ち、しばらく立ち止まりました。新たなアートへの情動と行動は彼をとりまくライフスタイルの変化、音楽、サーフィンやスケートからの影響、出逢った人々の縁や、ともに発表する吉川強との出逢いと作品からの刺激も展示へ向かう思いを強め、そんな日々の生活から蓄積したマテリアルと創造力の相関性からうまれるアートでTroubadour初となるグループ展でリスタートさせました。集う皆さまと作家のパワーのシナジーで新たな価値や楽しみがうまれる場となる事を願います。2階テーブルのご予約をお願い致します。( ご予約:045-911-3763) 尚、土日祝日は満席となることがございますので平日をお勧め致します。

Profile.
鈴木 啓太/Keita Suzuki
1979年生まれ
子供の頃は、近くの山で冒険したり、野球やサッカー、スケボーをして遊んだ。
思春期には仲間と音楽で遊び、大人になり建築とアートを学んだ。
最近は、東京郊外でグローカルな街づくりを推進しながら、製作をはじめる。


吉川 強/Tsuyoshi Yoshikawa(ritomarus)
1973年生まれ  
コーヒー工場に勤める絵描き。
SNS時代に絵をコミュニケーションの手段としてコンスタントに発信し続ける。
通勤時や仕事の休憩時間など、生活の断片をアトリエにし、色彩豊かな作品を描く。



コメント
コメントする








   

BYRD'S GRILL & BAR
Bubble Over
Lucys Bakery
Surge Coast Store
Mother Lucy